婦人

評判が高い4年制コース

治療

理学療法士国家試験を受けるためには、専門学校などの養成機関を卒業しなければなりません。3年制と4年制の専門学校がありますが、近年は4年制に注目が集まります。理学療法士になるためには学ぶべきことが多いため、学びの時間が十分取れる4年制専門学校の評判はとても良いです。

専門知識だけを学ぶため

勉強道具

理学療法士になりたい場合は、大学に通うのも良いですが、勉強に集中ができる専門学校をお勧めします。専門学校には色々な選択肢が用意されていて、3年制・4年制、そして夜間学部までありますので、自身が望む学び方を選択できるでしょう。

リハビリ関連の資格を取る

カウンセリング

理学療法士は、リハビリテーション医療に関連した国家資格です。医療のほか高齢者介護などの分野でも注目されています。養成校は全国にありますが、大半を占めるのは専門学校です。3年制・4年制・夜間部があり、それぞれカリキュラムに特色があります。

リハビリテーションのプロ

施術

リハビリのプロを目指す

身体の機能が衰えてしまった高齢者や、病気やけがなどが原因で身体の自由が利かなくなってしまった人に対して、医師の指導の下で患者のリハビリテーションを行い身体機能を回復させる役割を担うのが理学療法士です。日常生活において立つ、座る、歩くなどといった動作は基本的かつ重要な動きとなりますが、このような基本的な機能が衰えてしまった人の生活は非常に不自由なものとなります。そのため、リハビリテーションの専門家としての理学療法士の役割は非常に責任のあるものとなります。また、医療の現場で理学療法士としての役割を務めるには国家資格が必要です。理学療法士の資格を取得するにはまず、大学や専門学校などの養成機関において所定のカリキュラムを修了する必要があります。そのため、理学療法士の国家資格を取得するには時間を掛けて専門的な知識を気長に身につけていくという覚悟が求められます。すでに社会人として働いている人が理学療法士になるには、勤めている会社を退職し大学や短大などの養成機関に入学するという道がありますが、すべての人が理学療法士の国家資格を取得するために会社を辞められるわけではありません。しかし、理学療法士の養成機関として夜間過程のある専門学校も少なくはないので、仕事をしながら理学療法士の資格の取得を目指すのであれば夜間過程のある専門学校に入学するという道もあります。また、それとは逆に昼間に専門学校で学びながら夜間仕事をするといったスタイルで資格の取得を目指すことも可能です。