ウーマン

評判が高い4年制コース

治療

学びの時間が十分取れます

最近注目を集めているる理学療法士は国家資格であるため、国家試験に合格しないとその業務に就くことができません。理学療法士国家試験を受けるためには、国が指定する養成機関を卒業する必要があります。養成機関としては大学や専門学校などがあります。特に専門学校には3年制と4年制がありますが、最近は4年制の専門学校が人気です。確かに3年制の専門学校の方がいち早く理学療法士として活躍できますが、4年制の方が十分に学びの時間を取れると評判です。医療系の専門職である理学療法士になるためには、学ばなければならないことがたくさんあります。専門学校に入るために勉強したときよりも何倍もの勉強量が必要です。3年制の専門学校だからといって勉強量が減るわけではなく、学ぶ期間が短い分どうしても詰込み型になりがちです。4年制専門学校であれば、1年次や2年次に基礎科目をじっくり学ぶ時間ができるので理解度が深まります。更に学びを深めていくことで、自分がどのような理学療法士になりたいか、そのビジョンを描くことができます。また理学療法士カリキュラムには数多くの臨床実習が欠かせません。4年制専門学校で学ぶとゆとりある実習カリキュラムが組めるため、より有意義な時間を過ごせます。4年制専門学校の大きなメリットは、何といっても国家試験合格に向けて勉強する時間が十分に取れることです。最近の理学療法士国家試験は難化傾向にあるため、時間をかけてじっくり勉強しなければならず、十分な試験対策が必要なのです。